1. ホーム
  2. 組合について

組合経営理念

  1. 組合員の経済的社会的地位の向上
  2. 森林の保続培養と木材生産力の増進
  3. 長期安定的な成長が継続する組織

組合概要

名称遠野地方森林組合
所在地〒028-0502 岩手県遠野市青笹町中沢8-1-8
電話番号
FAX
0198-62-4054
0198-62-8424
代表者代表理事組合長 濱田平八郎
設立年月日昭和58年1月4日
組合員数3,039人
総代数200 人
出資口数81,558 口
出資金81,558 千円
執行体制理事9名(常勤2名・非常勤7名)
監事3名(非常勤)
事務職員12名
臨時職員1名
技術職員7名(林産6・運送1)
/合計20名
管轄岩手県遠野市
森林の状況遠野市の面積 82,562ha
森林面積 68,609ha(森林率83%)
国有林 29,622ha(43%)
民有林 38,987ha(57%)
民有林人工林面積 20,781ha
民有林人工林率 53.3%
人工林樹種割合 スギ48% アカマツ26% カラマツ20% ソノ他6%

組織構成

組織図

組合外観風景

事務所
事務所

事務所です。

事務所内

事務所の中

森林

伐採作業

組合長あいさつ

 遠野市の最北端には標高1,917mの早池峰山を最高峰に、標高300~700mの山林や高原群が遠野盆地を取り囲むように形成されています。気候は寒冷地帯に属し、厳冬期には零下15度以下になることもあり、厳しい自然環境の中で、遠野の一次産業はそれぞれの分野で普遍的な生計活動が行われてきた場所であります。

 遠野市は総面積の約83%を山林が占め、古くから県内有数の林業地帯であり、林業は地域経済を支えてきた大きな柱でした。しかしながら、時流には逆らえず林業は衰退の一路をたどり、人の手が入らなくなった山林は荒れて活力を弱め、地域経済はもとより自然環境にも影響を与えるようになってきました。

 そのような現状を踏まえ、私たち遠野地方森林組合では林業に携わる者の使命として、多くの可能性を秘めた遠野の森林・林業の再生に尽力し、水資源の確保や国土の保全、温暖化対策などの生活環境に欠かすことのできない大切な資源の保全管理を行う一方で、森林林業を通じて遠野地域の公益的・経済的な活性化に貢献できるよう地域林業の担い手として取り組んでいます。

遠野地方森林組合 代表理事組合長 濱田 平八郎

アクセス